Un journale de 1ercru 長崎県のフレンチ

alamafacon.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 25日

レストランなのですが・・・

クリストフル社製のアンティークの灯具が届きました。と言うか以前から届いておりましたが日本の規格に合うように改造中で点灯させていませんでした。忙しくて忘れ気味でした。。。

本日、無事に点灯式?が終わりお披露目開始です。
本来通常のシャンデリア球を灯す間接照明用の卓上ランプですが、電球を本当の炎が灯っているような動きをする電球に替えています。  炎のようにユラユラ揺れる光を見ているとなごみます・・・・。

クリストフル社の歴代の刻印から推測すると(フランスでははっきりと時代を表わす刻印がありません。数十年単位で変動している刻印からの決定です)
約70~100年前の製品で蝋燭の部分はフランス製のミルクガラスで手作りで作られています。勿論銀を証明するホールマークも付いています。

a0129072_1745482.jpg

こちらの灯具・・・常連のお客様から気に入られていますので近いうちにお嫁に行くかもしれません。。
私の趣味で少しずつクリストフル製のアンティークを集めていますが、気に入っているものから次々に嫁いでいっています。。。寂しい気持もありますが、古い物を愛おしく大事にして下さる方々の御家庭で数十年以上も引き継いでいってもらえればとても嬉しく思います。
[PR]

by 1ercru | 2009-09-25 17:48
2009年 09月 20日

ラ・フランスのタルト

a0129072_17464577.jpg

ラ・フランスでタルトを焼きました。甘味が凝縮するように低温でじっくりと。
軽くキャラメリーゼしたカシュナッツをアパレイユに混ぜて。香ばしいナッツの香りとの相性をお楽しみ下さい。

少量では御座いますが、ピスタッチオのアイスクリームも作りました。
温かくしたタルトの上に濃厚で柔らかい口溶けのアイスを乗せてご提供致します。
少ししか出来ませんでしたので・・・・数日のうちに無くなると思います。売り切れの際には御了承下さいませ。
[PR]

by 1ercru | 2009-09-20 17:52
2009年 09月 04日

ありがとう御座います。

前回までの事件について周りの皆さまから温かいお声を頂戴しております。
本当に感謝感謝です。

多くの意見が、
何で何もしないの?
おとがめ無しじゃあ解決しないじゃん。
何かの形で発散しないで、どうして全て抱え込んでしまうの?つらいだけでしょう・・・。
等、多くの意見があります。 その際には私はうまく言葉に出来ませんので上手くお伝えできませんので
結局自分の気持ちや考えをお伝えできません。。
改めてこの場を借りて私の頭の中を文字に変換してみます。


確かにこのまま平穏に過ごせば、相手の過失の念も薄れてしんどいのは私だけになります。
でも、直後の今でもすでに特別悪いとは思ってないみたいなのでそれを相手にするのはとてもしんどいですし
意味が無いと考えています。
別に謝りに来て頂いた訳でもなく、ゴミを回収に来た訳でもなく・・・。普通にこの町内のお店に来て何も無かったようにしていますので。
町内の人は唖然としますが、本人は気にしていないのでしょう。そんな方を相手取ったって労力も無駄です。
その労力をお客様の為に使いたいと思っています。

私にどんな大義名分があり、正当な形で対応したとしても・・・私の考えでは報復になると考えています。
そうなると報復には報復でしか無くなってくると思っています。
相手が先にしたからと言って、それに腹を立てて制裁を与えようとするとどっちもどっちだと今回の件に関しましては答えが出ました。

今まで、した事を認めた内容と再発を防止する書面だけ郵送で頂きました。特に法的に効力を持った確約書ではありませんが。
近隣の方々のために釘を刺せただけでも私は良かったと思っています。今後私が抱えて行く精神的な辛さの比重は決して軽くないとは分かっていますが。それですべてが終息の方向に向かうならばそれで良いと思っています。

私を支えて下さる方々や応援して下さるお客様、大事な人。その方々に心配も掛けたくありません。

私が勝手に長崎を選び、仕事をしている事だけ。それだけが気に入らない存在なんだと思いますが。他所から来て年下でへつらわない私と言う料理人を料理人として見たくないんでしょう。特別有名な仕事場で仕事を長くしていない私が気に入らないのでしょうけど。。。
深く話をした事もないのに勝手に私と言う人間を決めつけて、周りに認知されている人柄の水面下ではこのような人なんだと分かりました。
ある意味尊敬していましたが、そんな小さな男だとは思ってませんでした。恐らく取り巻く周りの方々も思いもよらないでしょうし、信じないでしょうね。
だから苦しいんですが・・・


私は静かに幸せに料理し、暮らして行きたいだけなので。だから長崎を選んで今日に至るわけですから。

折角当店のお客様や皆様に支えられ、期待に応えれるように頑張っているから。

そう言い聞かせて心を鎮めているだけなのかも知れませんが、私はそれで幸せなんだと感じています。
[PR]

by 1ercru | 2009-09-04 15:42