「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 28日

下調べ・準備・実践・収穫・実食

a0129072_11412226.jpg

アベレージ80cm~ この漁場は最低でも70cm~との事。面白いように釣れた。大漁大漁。

a0129072_11413523.jpg

開始時間は深夜2:00~。。。。。
疲れと眠気で3切れでお腹いっぱい。
10年前、お店を開店した時のお皿。今考えるとナメテました・・・。可愛いから好きやけど。

a0129072_11414832.jpg

昆布と魚のカマと鶏出汁で水炊き。のち当然雑炊。お刺身3切れで満腹中枢は満たされてた筈やのに。当然今週の魚は鱸です。宜しくおねがいします。
[PR]

by 1ercru | 2012-02-28 11:55
2012年 02月 21日

もし許される環境でしたら音楽を再生しながら読んで下さい。



 1ercruは今年で10周年を迎えます。
ひとからすれば別段大した事ではないかも知れませんが、少なくとも私自身には耐えがたい事や数えきれない程の沢山の試練や何にも代えられない喜びがありました。

大袈裟かと思いますが、例えるならば・・・今日まで這いつくばるような思いでしがみ付き手や足、心から血が出るような感覚に耐えながらもこの小さなお店を守る思いに精一杯、そして何とか今があるのだと実感しています。しかしそれはお客様の為にとか料理人としてとかでは無く単に自分の為になのかも知れません。

自身の体調を言い訳に時には我儘に、時には従順に運営してしまっているいい加減なお店では御座いますが数少ない大事な物を守りたいです。本当に自分勝手で失礼な奴だと自覚しています。

だから経営者として、料理人としてはまったくもって不合格な私だと思っています。

何の脈絡もなく感覚だけで運営してしまって。。ただ、御予約を頂いた時点から御来店当日まで一生懸命その方の為に料理し喜んでお帰り頂けるように頑張ります。その結果がこの小さなお店を維持できる唯一の答えだと知っていますから。自分にできる事はこの小さなお店を守る事しかできないと思っていましたから。

勿論今後もそれは変わらず気持ちが、足が前に出る限りは歩み続けたいと思っています。

私が歩みを止めない限り、それが動力となりファンが回り料理やお店全体の空気は常に循環され続けます。
新しい空気を皆様に送り続けたいと思っています。もう少し歩かせて下さい。歩かせて下さるのであれば。


今も神戸を離れ、長崎に流れ着いた日の事を鮮明に覚えています。

最後の夜は両親と食事をし、そのまま車に積めるだけの荷物と必要な着替えを積み込み山陽道を走りました。
途中は関門海峡を渡る手前で少し仮眠しただけ。はやる気持ちで長崎まで走りました。
数日前に連絡していた不動産屋さんと朝に落ちあい物件を回り最後に案内して頂いた物件に決め。
入居できる日まで小さなホテル住まい。

不思議となんにも怖くなかったです。どうにかなる。

私は阪神大震災を経験し極限だったからこそ現れる人の内面や行動を沢山見ました。
そんな中で人生をそれまでよりも多少考えるようになり短い人生で自分と見つめ合い、もっと自分の潜在意識に向き合いたいと言う感情が生まれました。



お店を持ったのも料理人としてとか、経営者としてどうにかなりたいって想いよりも、自分を確立したいと言う想いで。
今考えるとそんな想いでお店を持ったのだから、思考も行動も普通じゃなく周りの料理人の方や経営者の方々とイマイチ話も合わず村八分状態なのかもですね。


多分・・・普通だったらすんごく旨い料理を作る料理人になりたい、自分の腕だめしにお店を持ちたい、有名になりたい、いつかは自分の店を持ちたい、経営が成功して儲かりたい。
ま、いろいろ動機はあると思います。

前途のように私の場合は・・・生きて行く為に自分を確立したい。。何て漠然とした理由なんでしょ。。
そんな漠然とした理由でお店を持ったなんて今では信じられないくらいです。不純だったのかも知れません。

でも、その漠然とした目的は自分の頭の中や、自分の感覚を少しでも表現できる場を作り上げました。
その場を御来店下さるお客様と共有できる喜びは幸せだと感じております。

今までもこれからも飲食店をしている限り、食材の品質や料理の完成度を求めなくてはならないのは当然ですが、
私は技術も知識も経験も未熟で上手く伝える事が難しいです。でも今まで通りできる事を一生懸命やっていきたいと思っております。

10年ありがとうございました。皆様のお陰です。これからも応援宜しくお願いします。


4月のとある一日のみ10年を記念した日を設けたいと思っています。
今まで何も記念的な行事を行ってませんでしたのでやり方も何も分かっていません。
不備のある事ばかり目に付いてしまうかもしれません。
だから出来るだけいつものように御来店いただき、食事をしていただくだけ。
恐らく料理もいつもより少しだけ少なくなります。

私は皆様の食道、胃、膵臓、肝臓、腸・・・なんて感じで消化に関する臓器を動かします。
そこに私にはできない、皆様の心を動かす為の素敵なスパイスを調合します。

10周年には2カ月早いのですが、この日にしかできないおもてなしをさせて頂きたいと思います。

当日は残念ながら12名様しか御来店頂けません。ですので公平を期す為に予約開始日時は後日とさせて頂きたいと思います。

時間、料金等詳細が決定いたしましたらブログのみでのお知らせ後、御予約受付開始とさせて頂きます。

先日、打ち合わせの時にはこみ上げる物があり涙が止まりませんでした。

閉ざされた小さな空間で限られた1日だけの贅沢な日となります。
今までの10年のうちの僅かな時間を皆様と同じ時間に居れる事を楽しみに致しております。

深田伸治
[PR]

by 1ercru | 2012-02-21 14:04
2012年 02月 14日

悲しい事です

神戸の旧グラシアニ邸が不審火で全焼しました。。
学生の頃はよく前を通っては憧れの建物。最近になっては森永シェフが腕をふるい皆様の特別な日の為のレストランとして。
私も記念日には利用した事があっただけに、憧れの思い出の建物だっただけに本当に本当に残念です。

丁度火が上がった時間に偶然目が覚めて異様に鼓動が高鳴っていました。何とか少し2度寝しました。でもどうしようもなく不安になり何もなければ良いのにと思い急いで自分のお店に行きました。


火事の事を知り、急いで森永シェフに電話しましたが。本当にもぅ何て声を掛けたらいいのやら。森永シェフもなんとか気丈に振舞われる対応に涙が出て。。お互い言葉に詰まって涙涙。。今になってもまだ気持ちの高ぶりがおさまりません。


過失的事故ではなく本当に不審火ならば何故、こう言う事になったのでしょう・・・。何故こんな事をする人が平然と生活していけるんでしょう。怖いです。
グランメゾン・グラシアニとは失った規模も、労力もお客様も全く足元には及びませんが少しフラッシュバックです。悲しいです。胸が熱くなります。事件性があるのなら絶対に許せません。
[PR]

by 1ercru | 2012-02-14 15:15
2012年 02月 13日

じびえ

a0129072_1164183.jpg

佐賀産の尾長鴨です。恐らく今年最後となります。

生の時には香りがとても上品で海藻、ヨードを思わせる気品。山で捕ったのにね。なんでかな?
人目を忍んで海に遊びに行ってるんでしょうか?焼いちゃえば多少飛びますけど。
逆に優しいジビエの香りに包まれます。
[PR]

by 1ercru | 2012-02-13 11:13
2012年 02月 09日

忘れてた。。

すっかり忘れてた去年の旅行の続き。
ラミジャンの外でワイン飲んでたら話しかけてきたおじさんに教えてもらったチーズや。
マリー・アンヌ・カンタンでした。。日本にもあったし。。。多分。。と思いつつも折角なんでお店のお客さんに出そうと思い。店主とおしゃべりしつつイッパイ味見させてもらいました。
グテ・グテ―しまくった結果。一番熟成が好みだったコンテの2007年。美味しかったなー。
今年も買いに行けたら買ってきます。お楽しみに。。

a0129072_1241073.jpg

その後は腹ごなしに初パリの息子を連れて観光。
エッフェルで空きビン持ってたら怒られて・・・・
シャイヨー宮に移動。凱旋門のとこのロンポアン走って渡ったら警察にこっぴどく怒られて・・・
メトロで移動。ノートルダム行って。サントシャぺルで感動して。ラファイエットにお土産買いに行って、一昨年万年筆を作ってもらったお店に行って。。。
途中にある典型的「ザ・お土産やさん」でセクシーボールペン探しまわって・・・・。(最近は作ってないんかな?昔は捨てるほどあったのに。。)
とかなりタイトなスケジュールでした。
次回最後のパリとなります。(相変わらず最後の方はかなり荒くていい加減。すみません)
a0129072_12134784.jpg

a0129072_121438.jpg

[PR]

by 1ercru | 2012-02-09 12:20